金の菊芋と糖尿病について

金の菊芋で糖尿病を改善することができるの?

金の菊芋は食後の血糖値を抑えるということで糖尿病改善になるのではないか?と思う人がたくさんいます。

 

そこで金の菊芋の詳しい効果と、糖尿病との関係性についてお話します。

 

金の菊芋の詳しい効果

金の菊芋には、イヌリンという成分が含まれています。

 

イヌリンには、小腸での糖の吸収を抑制する効果があります。

 

これを食前の30分前にイヌリンを摂取して食事をとることにより、糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を抑えることが出来るわけです。

 

さらにイヌリンには善玉菌であるビフィズス菌などの腸内細菌のエサになり、腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸という物質が腸にあるホルモンを出す細胞を刺激してインスリンが作りだされます。

 

このことから菊芋は天然のインスリンと言われています。

 

糖の吸収を抑え、インスリンが作られるということは、糖尿病にも効果があるということになります。

菊芋サプリである金の菊芋には九州産の菊芋を99%含んでいるので高純度でその効果も絶大です。

 

普通の菊芋サプリであれば、少量しか含まれていませんので、その分効果を実感することがあまりありませんでした。

 

それを99%含んでいるので、金の菊芋は間違いなく菊芋サプリNo1です。

 

 

糖尿病の改善になるの?

結局のところ、金の菊芋で糖尿病を改善できるのか?

 

答えはYESでもあり、NOでもあります。

 

どういうことかと言いますと、金の菊芋は糖尿病改善、予防などの記述がしてありません。

 

・・・なのですが、菊芋自体が天然のインスリンと言われているので、糖尿病改善や予防などの記述がなくても効果はあります。

 

実際にサプリではなく菊芋を食べた方が血糖値を下げることに成功している方もいますし、そうなると改善できないとも言えないですね。

 

菊芋に含まれるイヌリンでインスリンを作り出す効果も報告されているので、そうなれば糖尿病に効果があるとも言えます。

 

 

そもそも糖尿病というのは、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう病気のことです。

 

つまりインスリン分泌不足が原因で起きている病気です。(1型糖尿病の場合)

 

なのでインスリンを作り出してくれる菊芋は糖尿病に効果があるというのが正解だと思います。

実際に食後の血糖値上昇を抑えてくれる効果は書かれているので、菊芋に含まれるイヌリンの効果が効いている証拠です。

 

金の菊芋は医師が監修しているサプリメントなので、間違いなく他のサプリよりも効果はあるはずです。

 

なので糖尿病が気になる方は一度3ヶ月以上服用してみてから判断してみるほうが良いと思います。

 

テレビの放送で医師も勧めているイヌリンなので、始めるのであれば公式サイトの定期購入が一番安いのでオススメです。