金の菊芋の詳しい飲み方

金の菊芋を飲むときは必ず・・?

金の菊芋を購入してみたのはいいけど飲み方はどうすればよいの?

 

っと思ったことはありませんか?

 

このページでは飲み方について詳しく紹介します。

 

 

金の菊芋の飲み方は2種類

金の菊芋の飲み方は2種類あり、一つ目は普通に水と一緒に飲みこみ、水なしでボリボリ噛んで飲みこむことにあります。

 

基本的にどちらの方法を使っても効果は変わりありませんので自分に合った飲み方で行きましょう。

 

金の菊芋を飲むタイミングは?

金の菊芋を飲むときは、食前の30分前に飲みます。

 

30分前に飲むことにより、錠剤に含まれるイヌリンが丁度良いゲル状になり糖の吸収を抑えやすくします。

 

いつ飲んでも良いのは確かなのですが、より効果を感じたい場合は30分前に飲む様にしましょう。

 

1日何粒?

次に金の菊芋を1日に何粒飲めばよいのか?についてです。

 

公式では1日7粒と表記されています。

 

それもそのはずで、30日間使う前提で7粒になっているからです。

 

7×30=210粒となります。

 

なので、1日で7粒取る目安で朝・昼・夕とるものになっています。

 

7粒なので朝に2粒、昼に2粒、夕に3粒といった感じで合計7粒に終わらせる感じです。

 

一気に飲んでしまわないように気を付けましょう。

 

酢と一緒はダメ

金の菊芋を服用する時に酢を使った料理などを一緒に食べると金の菊芋の成分であるイヌリンの効果がおちてしまいます。

 

体に影響はないので安心なのですが、イヌリンを売りにしているサプリなので、食後の血糖値を抑える効果が落ちてしまいます。

 

普段酢を使った料理を一杯食べる方はあまりいませんが、もし食べることになった時は1回で3〜4粒飲むなどして量を増やしたり、時間をずらすなどをして調整をしてください。