機能性表示食品

機能性表示食品って何?

金の菊芋は機能性表示食品になっているのですが、その機能性表示食品とは何か?

 

気になるかと思われます。

 

そこで、このページでは機能性表示食品について説明します。

 

 

機能性表示食品とは

糖の吸収を穏やかにしたり、お腹の調子を整えるなどといった健康の維持増進に役立つ機能性を表示することができる食品の事です。

 

しかし、機能性表示食品の商品を出すには条件が必要になってくるのです。

 

その条件が、最終製品によるヒトでの試験または文献や論文を引用して科学的に根拠を示すことで出すことができます。

 

金の菊芋も糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値が下がることを示したため機能性表示食品として登録された訳なのです。

 

つまり有効性と機能性、安全性が認められているということです。

 

因みに、この画像のマークが機能性表示食品の証です。

 

機能性表示食品であれば、必ずパッケージのどこかに、このマークが表示されているのでスーパーなどで確認してみることで理解できると思います。

 

よくみる商品としてアサヒの【からだ十六茶】などが機能性表示食品になっています。

 

この他にもあるので、健康食品を買いたい場合はマークを探してから判断すると良いと思います。

 

トクホ(特定保健用食品)との違いは?

日常の会話の中でトクホってよく耳にすると思いませんか?

 

上の画像のマークがそうで、有名なヤクルトについているあのマークがトクホ(特定保健用食品)の証なのです。

 

そうなると、機能性表示食品とトクホの違いが気になってくると思います。

 

機能性表示食品とトクホの違いは、国での審査のありなしです。

 

機能性表示食品では国の審査ではなく、研究論文や、文献調査などでも出すことが出来るものです。

 

一方、トクホ(特定保健用食品)では、国の審査があります。

 

トクホの場合は最終製品による人を使った試験をして科学的根拠が認められれば許可されます。

 

ですが、より安全性のある方を選ぶとすれば、国が人を使って試験したトクホのほうが安心感はあると思います。

 

ですが、トクホも機能性表示食品もどちらの商品でも適正に摂取することで、一定の効果が期待できます。

 

なので絶対にどちらかが良い!と言うことはないので、機能性表示食品もしっかり効果が期待できます。

 

金の菊芋は機能性表示食品なので、適正に摂取すれば効果は期待できるので安心です。

 

 

まとめ

以上が機能性表示食品の紹介になります。

 

トクホも一緒に説明しましたが、重要なので紹介しました。

 

2019年の1月現在で機能性表示食品は約1714種類許可され登録されています。

 

トクホの方も約1061もの商品が許可されているので、気になる場合はスーパーなどでマークが無いかを見て確認してみるといろいろ見つかるかもしれませんね!

 

どちらも機能性と安全性はあるので、安心して摂取しても問題ないと思います。